役員面接で逆質問するとき事前に5つ以上考えておくこと


近年では面接が1回という企業もありますが、1次面接が終われば2次面接というものを控えております。

二次面接では会社の役員クラスの方たちが面接官としてあなたと向き合う形式が多いことでしょう。そこで役員面接での逆質問時の対処方法をご説明したいと思います。

逆質問の内容は?

1次面接では、現場担当者と人事部という事が多く比較的、仕事内容のことであったり、今までの経験を元に質問されることも多いというケースがあります。また、こちらから面接官へ対する質問も業務内容に関することだったり、部署の人数がどれぐらいいるのか?という質問をすることがあります。

しかし、役員面接となると、1次面接と同じことを聞いても意味がありません。役員の方たちは、現場を知らない人が多いので、現場での質問は推奨しません。

会社について質問する

役員面接で逆質問する場合の例を挙げてみたいと思います。

  • 「仕事をする上でもっとも大切にすべき事は何でしょうか?」
  • 「会社が成長していった理由をお教えください」
  • 「今回の応募者に一番求めているのはどのような事でしょうか」
  • 「○○のプロジェクトに参加させていただく事も可能でしょうか」
  • 「もし内定をいただけたら、入社までに準備しておくべき事などはございますでしょうか?」
  • 「成長していく上で必要になるスキルは何があるでしょうか」
  • 「現在のビジネスモデルに至る経緯を教えていただけますでしょうか」

と言ったところです。具体的に会社の方針を聞くことも必要でしょうし、何がきっかけで企業が始まったのかという会社に対する興味を示すことが大切です。そうでなければ、役員面接というメリットがないのです。

最低5つ以上は質問する

役員面接によって状況は異なりますが、「どんどん質問してください」などと言われた場合は、8つぐらい質問してもよい傾向があります。「この人はなぜ弊社に来たのか」と思わせないように、事前に考えていたことをとりあえずは質問することです。

転職経験がある方であれば既に経験済みのことですが、未経験の場合だとどこまで突っ込んでいいのかわからないという場面があります。

これ以上聞いたら失礼になるというようなことは考えずに積極的に質問していくとよいでしょう。

空気を読んでください

上述とは少し矛盾した内容になりますが、面接は長ければいいものではありません。なんとなくの空気感はあなたと面接官の間であるものでしょう。その中で、空気を読んだ中で逆質問するようにすればいいのです。

最低限聞いておかなければならないことは聞いておく。中途半端に考えていた質問であればしない方がマシという場合もありますので、あなた自身が現場の空気を読んで挑みましょう。

ありきたりな質問はダメ

「御社の福利厚生はどのようになっていますか?」
「会社の設立、沿革、従業員数を教えていただけますか?」

上記の質問は面接官は耳にタコが出来るほど聞いています。もちろん大切なことではありますが、転職の場合は新卒ではありませんので、あなたにしかないような質問を持ちかけることによってグッと採用まで近づくことが出来るでしょう。

調べてすぐ答えが出てくるような質問を役員面接では基本的にNGです。事前に会社のことをリサーチして、晴れてに内定をいただけるように努力しましょう。

合わせて読んでおきたい面接対策!

面接はメモ・コピー用紙の経歴書を見ながら話をしてもいい?

面接終了後お礼のメールを入れると印象がアップする方法とは?

二次面接の逆質問は6つ以上用意しておこう!メモを見てもOK?

役員面接で逆質問するとき事前に5つ以上考えておくこと

転職サイトランキングおすすめベスト5

当サイト管理者たちが口を揃えて評判の良い転職サイトをご紹介!

そろそろ転職時期かな・・・と考えているあなた、下記の転職サポートをご利用することをおすすめします!

リクナビNEXT
全国求人ならこちらがオススメ
詳細はコチラ
はたらいく
女性にも大人気の充実サイト!
詳細はコチラ
@type(タイプ)
優良企業が揃っています
詳細はコチラ
4位 マイナビエージェント
詳細はコチラ
5位 DODA(デューダ)
詳細はコチラ
他の転職サイトから探す
転職求人サイト
利用者の多い転職サイト一覧
詳細ページへ
転職エージェント
転職支援がオススメなエージェント
詳細ページへ
派遣会社
評価の高い派遣会社一覧になります。
詳細ページへ
営業・企画・事務
一般的なオフィスワーク職の人気サイト
詳細ページへ
電気・電子・機械
エンジニア・専門職系の利用者が多いサイト
詳細ページへ
経営・管理職
年収が高くハイレベルな求人サイト
詳細ページへ
IT・WEB
デザイナー・プログラマーの利用者多いサイト
詳細ページへ
女性の転職
女性に特化した専門サイト
詳細ページへ
アパレル・ファッション
アパレル関係を希望する方向け
詳細ページへ

このページの先頭へ