第二新卒は何歳まで?就職に有利になる年齢は26歳未満ですか?

第二新卒

専門学校、大学卒業時の平均年齢は20歳~22歳ぐらいになるでしょう。

卒業後、就職した若者、就職していない若者のことを一般的に第二新卒と呼ばれることを意味しております。

では、何歳までが第二新卒と一般的に呼ばれているのか?その辺りを詳しく見ておきましょう。

★人気ページ:第二新卒に最適な転職エージェント★

第二新卒は卒業して1~3年ぐらい


学校卒業後、卒業して約3年ぐらい仕事をしていない求職が第二新卒と呼ばれています。

留年もなく、ストレートで卒業しているのであれば、22歳~25歳ぐらいまでのことを指すということになります。

一度、仕事をしてすぐに退職した20代前半の方も第二新卒の対象に入るとされているため、言葉としてのニュアンスは幅広いものとなっております。

第二新卒は就職しやすい?


近年の若い人たちは、転職、就職に対してとてもシビアに考えている人たちが多いと言えるでしょう。

『大学卒業したのに就職できなかった』っと落ち込むんだり、ニートになってしまうということもあるぐらいです。

第二新卒はまだまだ就職できる!

25~26歳以下の方であれば、就職未経験でも若いというだけで就職するチャンスはいくらでもあります。

はたらいく、リクナビにも『第二新卒大歓迎!』というキャッチコピーを良く見かけることがあります。見てない人は、見逃している可能性や転職サイトに登録していないということでしょう。

今すぐにはたらいく、リクナビを活用して第二新卒の応募などを確認しておくことをおすすめします。

必要とされるスキルは?

就職未経験の場合、社会人としてのスキルはまだまだ浅いということは会社の方々も重々理解されております。

ただし、面接に行く場合、第二新卒だと最低限の意欲を求められることもあります。

一例ですが挙げてみます。

  1. 元気な挨拶と報連相が出来る人
    忍耐力の強さ
    3年は辞めないという姿勢
    コミュニケーションを取れるか

などのように、仕事が出来ない代わりに、元気に働くことや協調性持って会社員として働いていくスキルなどは求められることになります。

そういう意識を持って面接等に望まれると良いでしょう。

面接に行く前は転職エージェントを活用してみる


就職未経験だと、面接の準備がおろそかになってしまいがちな人が多くいます。

せっかく、第一希望で書類選考まで通過し、1次面接まで行けたのに不採用になってしまうケースです。

仕事の経験不足というより、「面接での経験がない」ということです。

面接のスキルアップをさせるには、転職エージェントと呼ばれるところがあります。リクルートなどが運営していることがあり、安心して利用する若者も沢山いらっしゃいます。

面接だけではなく、履歴書、経歴書、自己PRなどの対策を取ってくれるため、採用合格率が格段に上がることでしょう。

就活は多少の時間が掛かる

第二新卒とはいえ、就職活動には多少なりとも時間が掛かります。若いから採用されるというだけではありません。

面接は30~1時間未満で終わることが大半です。その時間内で、あなたという人間を知ろうとするわけですから、ある程度のスキルがないと伝達することも難しいでしょう。

是非、エージェントを活用して同世代ライバルから採用の座を勝ち取りましょう。

転職サイトランキングおすすめベスト5

当サイト管理者たちが口を揃えて評判の良い転職サイトをご紹介!

そろそろ転職時期かな・・・と考えているあなた、下記の転職サポートをご利用することをおすすめします!

リクナビNEXT
全国求人ならこちらがオススメ
詳細はコチラ
はたらいく
女性にも大人気の充実サイト!
詳細はコチラ
@type(タイプ)
優良企業が揃っています
詳細はコチラ
4位 マイナビエージェント
詳細はコチラ
5位 DODA(デューダ)
詳細はコチラ
他の転職サイトから探す
転職求人サイト
利用者の多い転職サイト一覧
詳細ページへ
転職エージェント
転職支援がオススメなエージェント
詳細ページへ
派遣会社
評価の高い派遣会社一覧になります。
詳細ページへ
営業・企画・事務
一般的なオフィスワーク職の人気サイト
詳細ページへ
電気・電子・機械
エンジニア・専門職系の利用者が多いサイト
詳細ページへ
経営・管理職
年収が高くハイレベルな求人サイト
詳細ページへ
IT・WEB
デザイナー・プログラマーの利用者多いサイト
詳細ページへ
女性の転職
女性に特化した専門サイト
詳細ページへ
アパレル・ファッション
アパレル関係を希望する方向け
詳細ページへ

このページの先頭へ