無職の期間が長いと転職が不利で働きにくくなるのですか?

過去に勤めていた会社を辞めてから半年〜1年以上が経過。就活は一切にせず、ハローワークからの受給と貯めたお金でなんとか生活をしている場合は、どうしても無職という期間が長くなります。

無職の期間が長くなってしまうと転職に不利になってしまうですか?という質問があるので、お答えしたいと思います。

同業種に勤めるなら厳しくなる

転職というのは、あくまでも『新しい分野で働きたい。今までに携われなかったことについて経験したい!もっと年収を増やしたい!』ということが根本的にあると思います。

それ以外の理由としては、

  • 残業代が出ないのでやる気がなくなった
  • 働くという意欲が湧かない
  • 少し期間を空けてゆっくりしたい

などの仕事とは関係ない視点において辞めている場合もあることでしょう。しかし、後者の場合で無職期間が長くなってしまうとリスクを追うことの方があります。なぜならば、『この期間にあなたは何をしていましたか?』という質問があります。

そこで、しっかりとした答えを答えられる人は問題有りませんが、ただゆっくりしていたというのは不利になることは間違いありません。

理由がない限りは不利になりやすい

先ほども述べたように、特別な理由がない限り無職期間が長いというのはリスクを自分から背負っているようなものです。明確な理由があるならば話は別になるでしょう。

同業での特別な理由とは

  • 新たな勉強に取り組んでいた
  • スクールなどに通っていた
  • ○○の実験に携わっていた

のような理由があっての1年間無職だったら、逆に素晴らしいと思われやすく、企業としても再就職を目指す場合でも応援してくれるため、採用率がアップすることは間違いありません。

従って、理由というのは無職期間中にに何を学んできたのかということになります。

海外で英語を学ぶ事も不利になる?

近年では、若い世代から30代半ばぐらいまでの人たちが、一度会社を辞めて海外で語学などを学ぶようなスタイルも流行りつつあります。日本語以上に英語を話せるようになると、グローバルな外資系企業に転職もやりやすくなるでしょう。

では、海外で語学を学んできたという無職期間は有効になるのかと言われれば一概には言えません。

オーストラリアやフィリピンに一年ぐらい語学留学するぐらいは、昔と比較しても簡単になっています。仮に英語が話せるからと言って、日本に帰っても目指したい会社に転職することはできません。

語学を学んだだけではなく、外資系企業に転職したいのであれ、TOEICで700-800点以上は必要となります。語学留学する場合は、しっかりと将来を意識しながら行動しなければ日本で英語の経験を活かす事が減りますので気をつけておきましょう。

働きにくくなるのは確かです

無職の期間が長くなるのは、よくない傾向になります。実家であれば、金銭面においてはなんとか大丈夫ですが、気持ち的には働かないと落ち着かなくなったり、娯楽に費やすこともなくなり、様々な場面においてストレスになったり、諦めなくてはならない状況になりがちです。

結果、返ってくるのはあなた本人ということになります。少しでも転職を成功させたいというならば、幅広い視野を持って転職サイトから仕事を探すことが良いでしょう。

転職サイトランキングおすすめベスト5

当サイト管理者たちが口を揃えて評判の良い転職サイトをご紹介!

そろそろ転職時期かな・・・と考えているあなた、下記の転職サポートをご利用することをおすすめします!

リクナビNEXT
全国求人ならこちらがオススメ
詳細はコチラ
はたらいく
女性にも大人気の充実サイト!
詳細はコチラ
@type(タイプ)
優良企業が揃っています
詳細はコチラ
4位 マイナビエージェント
詳細はコチラ
5位 DODA(デューダ)
詳細はコチラ
他の転職サイトから探す
転職求人サイト
利用者の多い転職サイト一覧
詳細ページへ
転職エージェント
転職支援がオススメなエージェント
詳細ページへ
派遣会社
評価の高い派遣会社一覧になります。
詳細ページへ
営業・企画・事務
一般的なオフィスワーク職の人気サイト
詳細ページへ
電気・電子・機械
エンジニア・専門職系の利用者が多いサイト
詳細ページへ
経営・管理職
年収が高くハイレベルな求人サイト
詳細ページへ
IT・WEB
デザイナー・プログラマーの利用者多いサイト
詳細ページへ
女性の転職
女性に特化した専門サイト
詳細ページへ
アパレル・ファッション
アパレル関係を希望する方向け
詳細ページへ

このページの先頭へ