面接はメモ・コピー用紙の経歴書を見ながら話をしてもいい?

転職サイト面接おすすめエージェント

タイトルに記載があるように、よくこのような質問を人事をやっていた時代に聞かれることがありました。

早速、悩みを解決してきたいと思います。

メモを取った方がよい

結論から申しますと、面接官がお話している内容などは基本的にメモを取った方が良いされています。

なぜならば?

「はい」と返事しているだけでは、この人本当にやる気があるのかな~という不安の方が大きくなります。しっかりと

見ながら説明してもOK

もちろん面接時には履歴書・職経歴書を渡すというのがごくごく一般的に多い面接スタイルだと思います。

「自己紹介お願いします」っと尋ねられて、目の前に何もなく、口頭だけでPRするのは非常に難しいことでしょう。

コピーを用意しておく

できればあなた自身も職務経歴書を見ながら話したいと思うことでしょう。では、コピーを持っていけば良いのです。コピーした経歴書を見ながらだと難しくなく話せるのではないでしょうか。

全然問題なし

「そんなの見ながら話すのは面接として非常識です」なんて言う面接官は、おそらくいないことでしょう。むしろ、プラスポイントが加算されるようになります。

「面接に備えた準備ができる人」という具合に認識して頂けることの方が多くなることでしょう。

面接であがってしまうようなタイプの人は事前にコピーを用意しておくとことで、頭が真っ白になったりすることの対策は出来るようになります。

最初に机に書類とメモを置く

面接っておそらく5分ぐらいは待たされることが多くありませんか?受付にコールして、面接場所に案内されるケースがよくあると思います。

「お掛けになってお待ちください」と言われることがあるので、その間にノートとペン・面接資料などは先に準備して机に置いておくことです。

面接官が来てからスタートするのではなく、あなたができる準備は先に済ませておくことが心の余裕もできると思います。

時間があれば、一度コピーした経歴書に目を通して一読しておくと更に面接への自信につながります。

それでも上手くいかない場合

それでも自分に自信がなくて、面接でいつも落とされて失敗するという方は転職エージェントを通じて面接対策を行った方が格段に上達します。面接や履歴書対策においては、リクルートエージェントワークポートなんかも魅力的です。

面接対策のプロスタッフがいるのでたくさん相談することです。あなたの口癖や言い回しなどの欠点を洗い出してくれます。

いつもとは違う新たなスタイルで面接に望むことの指摘を無料で行ってくれるのおすすめしたいところです。利用できるものは利用して転職を少しでも成功させるようにしましょう。

転職サイトランキングおすすめベスト5

当サイト管理者たちが口を揃えて評判の良い転職サイトをご紹介!

そろそろ転職時期かな・・・と考えているあなた、下記の転職サポートをご利用することをおすすめします!

リクナビNEXT
全国求人ならこちらがオススメ
詳細はコチラ
はたらいく
女性にも大人気の充実サイト!
詳細はコチラ
@type(タイプ)
優良企業が揃っています
詳細はコチラ
4位 マイナビエージェント
詳細はコチラ
5位 DODA(デューダ)
詳細はコチラ
他の転職サイトから探す
転職求人サイト
利用者の多い転職サイト一覧
詳細ページへ
転職エージェント
転職支援がオススメなエージェント
詳細ページへ
派遣会社
評価の高い派遣会社一覧になります。
詳細ページへ
営業・企画・事務
一般的なオフィスワーク職の人気サイト
詳細ページへ
電気・電子・機械
エンジニア・専門職系の利用者が多いサイト
詳細ページへ
経営・管理職
年収が高くハイレベルな求人サイト
詳細ページへ
IT・WEB
デザイナー・プログラマーの利用者多いサイト
詳細ページへ
女性の転職
女性に特化した専門サイト
詳細ページへ
アパレル・ファッション
アパレル関係を希望する方向け
詳細ページへ

このページの先頭へ