面接終了後お礼のメールを入れると印象がアップする方法とは?

面接終了後お礼メール

1次面接が終了した後は、とりあえず結果待ちということでヒヤヒヤしている状態だし、「いつになれば連絡が来るの?」って日数のことばかり考えなければいけませんよね。

企業によって面接結果のスピードは異なると思います。ならば、より印象を残すためにはどうすれば、いいのかについてご説明したいと思います。

お礼メールを送る

人事部 採用担当 ○○様

の●●●●と申します。

本日はお忙しい中、ご面談の機会を賜り誠にありがとうございました。
本日の面接では、短い時間ではありましたが、ありのままの自分をお伝えできたと思っております。

今回の面談を通じて、改めて記者の社員として働きたいという思いがより一層強くなりました。

是非とも良いご連絡がいただけますよう祈っております。
末筆ながら、ご面談のお礼を申し上げますとともに、貴社のご発展戸皆さまのご多幸をお祈り申し上げます。

●●●●

上記の本文に一例になりますが、このようなお礼メールを送ることによって、面接担当者が「ビジネスマナーが出来る子だね」という判断になることが多くあります。よく、面接中は催促になってしまうから、ご連絡しない方がいいという方もいらっしゃいますが、近年ではそんなことはあまり気にすることもないでしょう。

大手企業などでしたら、あまり効果はないかもしれませんが、中小・ベンチャー企業のような会社にはよい印象を与えることが大半です。

できればその日にメールする

面接が終了してまっすぐ帰宅すれば、遠方の方でも2時間あれば帰ることができるでしょう。仮に帰れなくても、スマートフォンで転職サイトの管理ページから応募した企業にお礼メールをお送りすることは可能です。

すぐ送った方がよい理由

面接担当者もあなただけを面接しているわけではありません。特に1次面接などであれば、30分~1時間しかない中で、多くの方を面接していますので顔を覚えている余裕がないということです。

ですから、名前を顔を少しでも記憶があるうちにお礼のご連絡を入れておくと、よりあなたを忘れることもすくなくなります。現場担当者であれば、「この人となら働いてもいいかも」っと思わせるチャンスにもなります。

やる気のある気持ちを伝える

面接では緊張しすぎて、しっかりと伝えきれなかった苦い経験をしたことがあるでしょう。私も結構あがり症なタイプだったので、どうしても志望動機などを上手く伝えられずに悩むことがありました。だからこそ、心の声を届けたいと思って、面接後に伝え忘れたやる気をメールという文面で書きました。

「面接で言えなかったことをメールで伝えられても困るよ」という担当者もいらっしゃいますが、「そんなにやる気があるんだったら2次面接でもう一度会って質問したい」という人もいます。

確かに言葉ほどのチカラというのはありませんし、返って逆効果を生むことだってなきにしもあらずです。しかし、何もしないまま不採用の結果連絡を待つよりは自分自身の中で精一杯やるだけのことやった方が後悔も少ないはずです。

転職サイトランキングおすすめベスト5

当サイト管理者たちが口を揃えて評判の良い転職サイトをご紹介!

そろそろ転職時期かな・・・と考えているあなた、下記の転職サポートをご利用することをおすすめします!

リクナビNEXT
全国求人ならこちらがオススメ
詳細はコチラ
はたらいく
女性にも大人気の充実サイト!
詳細はコチラ
@type(タイプ)
優良企業が揃っています
詳細はコチラ
4位 マイナビエージェント
詳細はコチラ
5位 DODA(デューダ)
詳細はコチラ
他の転職サイトから探す
転職求人サイト
利用者の多い転職サイト一覧
詳細ページへ
転職エージェント
転職支援がオススメなエージェント
詳細ページへ
派遣会社
評価の高い派遣会社一覧になります。
詳細ページへ
営業・企画・事務
一般的なオフィスワーク職の人気サイト
詳細ページへ
電気・電子・機械
エンジニア・専門職系の利用者が多いサイト
詳細ページへ
経営・管理職
年収が高くハイレベルな求人サイト
詳細ページへ
IT・WEB
デザイナー・プログラマーの利用者多いサイト
詳細ページへ
女性の転職
女性に特化した専門サイト
詳細ページへ
アパレル・ファッション
アパレル関係を希望する方向け
詳細ページへ

このページの先頭へ