あがり症で面接が上手く話せない人は知っておきたい対処法!

面接転職エージェントおすすめ

面接が決定すると前日ぐらいから緊張感が止まらないことがありますよね。ましてや当日になると、心臓がバクバクしながら喉もカラカラという極限状態に追い込まれることがあります。

でも、ご安心ください。日本人の9割は以上はあがり症だということです。

世界的にも日本人はあがり症の人が多く、自分が少しでもあがり症だと感じている人は9割以上ともいわれています。多くの人が程度の差はあれど、自分と同じようにあがり症なのです。

ということは、もし、あなたが人前で緊張したり赤面してしまったとしても、多くの人がその気持ちを理解してくれます。簡単にいえば「あがること」は「当たり前」だと認識することが大切です。
【引用元:ライブドアニュース】

という記事がありますので、あなただけではないということです。では、どのように面接で上手く話せるようになるのかについてご紹介しましょう。

面接がはじまる前に

面接が始まる30分前には現地に到着しておくことがよいでしょう。時間ギリギリだと頭を整理する余裕さえありません。できるだけ、余裕を持って行動することがいいです。

心をリラックスさせるためにゆっくりと深呼吸を行います。1~2回では効果がありませんので、5回以上はゆ~っくりと深呼吸するようにしましょう。

①肺が完全に拡大するまで息を鼻から吸います。

②そのあと息を保ちます。(無理しない程度に)

③それからゆっくり「ハー」と言いながら口から息を吐きます。

力を抜いて何も考えず行うのがとても良いです。

深呼吸をすることによって、体が自然とリラックスできるようになります。少しは緊張感から解き放たれるということになるでしょう。

上手く話そうとしない

「上手く話せない」と悩む人のケースで多いのが「上手く話そうとしすぎる」ということがあります。難しい日本語を使って話そうとするあまりに、頭の中が真っ白になるパターンです。

敬語というのは最低限礼儀なので必要ですが、難しい言語を使うというのは面接にとっても何のメリットもありません。

自分の言葉で話すこと

面接に必要なのは、あなたのオリジナル性です。教科書に書いてあるような、基本的な受け答えをするだけではいけないということです。

人それぞれ趣味や好きなものが違うように、強みやオリジナル性というのも全く違います。

逆に言えば、あなただけのブランドを面接官に自分の言葉で話せば良いという事です。

今までの人生・仕事経験においても、必ずしも他の人と同じということはありません。その中でも、「私は○○などをやってきました。そして、御社では○○なことを挑戦したいと思います。」ということを簡潔に話すことです。

これだけでいいののです。あまりにも難しく考えすぎたり、あれだけは話そうと決めていたりするからこそ、頭の中が真っ白状態になる傾向があります。

話が飛びそうなときは?

何を言ってもいいかわからない。沈黙が30秒ぐらい続いてしまいそうな時は、「申し訳ございません。今、頭が真っ白になってわからなくなってしまいました」っと素直に言えるかどうかです。

面接に失敗しがちな人は、必ず成功させてやるという信念がある人です。

気持ちは大切ですが、力んでしまうと意味がありませんよね。そうならないように、素直に言葉を面接官に伝えることが一番の対処方だという事です。

発言しない方が面接ではマイナスポイントになりますのでご注意を。次回の面接では自分の言葉で素直に話してみるということを挑戦することをおすすめします。

転職サイトランキングおすすめベスト5

当サイト管理者たちが口を揃えて評判の良い転職サイトをご紹介!

そろそろ転職時期かな・・・と考えているあなた、下記の転職サポートをご利用することをおすすめします!

リクナビNEXT
全国求人ならこちらがオススメ
詳細はコチラ
はたらいく
女性にも大人気の充実サイト!
詳細はコチラ
@type(タイプ)
優良企業が揃っています
詳細はコチラ
4位 マイナビエージェント
詳細はコチラ
5位 DODA(デューダ)
詳細はコチラ
他の転職サイトから探す
転職求人サイト
利用者の多い転職サイト一覧
詳細ページへ
転職エージェント
転職支援がオススメなエージェント
詳細ページへ
派遣会社
評価の高い派遣会社一覧になります。
詳細ページへ
営業・企画・事務
一般的なオフィスワーク職の人気サイト
詳細ページへ
電気・電子・機械
エンジニア・専門職系の利用者が多いサイト
詳細ページへ
経営・管理職
年収が高くハイレベルな求人サイト
詳細ページへ
IT・WEB
デザイナー・プログラマーの利用者多いサイト
詳細ページへ
女性の転職
女性に特化した専門サイト
詳細ページへ
アパレル・ファッション
アパレル関係を希望する方向け
詳細ページへ

このページの先頭へ