激務な業界仕事のランキング予想とは?

激務仕事

日本では皆、同じ時間を過ごしているのにも関わらず、職業内容によっては超激務で忙しい過ぎる仕事というのが存在します。

定時で帰れないなんて当たり前というようなハードな仕事が口コミやインターネットでピックアップされているものをご紹介したいと思います。

代理店関係の営業職

広告代理店関係の営業職はスーパーというワードを付けてもいいぐらいのは激務ワークらしいです。深夜への泊まり込み、休日変動、残業時間なんてあってないようなもの。

それって仕事なの?って思う人もいるのですが、それぐらい不規則でも働きたいという人も多くいるのです。

過労で悲しい思いがあった若い女性の、電通問題があってからは、業界全般的にも少しは和らいでいるのかもしれませんが、おそらく大きくは変わっていないでしょう。

また、何十年先になればそのようなニュースを忘れて、一生激務で働いている世界でしょう。それでも、やりがいを感じたいのであれば飛び込んでも見てもいいかもしれません。

おすすめ転職サイトはマスメディアン→

コンサルティングに関する仕事

営業コンサルタントと呼ばれる、サービス業界ですね。私の後輩が生命保険関係のお仕事をしておりましたが、毎日11時ぐらいまで働いてたり、休日出勤の当たり前のようにあると言っておりました。

その分、頑張ってノルマを達成できた社員には昇給があり、多い人では若くても年収400~600万ぐらい獲得している人もいたそうです。

丁寧な心がけが重視されることで、気づかれしやすく退職する人も多いような業界という事も耳にしたことがあります。(※会社によって異なる)

SEと呼ばれるITエンジニア系

PC画面とほぼ一日中向き合って仕事することは当然。こちらも同様に終電まで毎日ひたすらプログラムを書いたり、仕様書を作成したり、という超ハードワークな業界です。

納期までにシステム通り動かなせなければ、徹夜になって働くこともしばしばです。

案件も複数抱えることが大半なので、中々帰れないということでうつ病になる人も結構いるとききます。どうしてもパソコン中心の業界になってしまうので、大変なことは間違いないことでしょう。

それでも好きな人には天職という仕事でもあるのです。

マスコミ関係者・テレビADなど


テレビAD関係者は、『汚い、きつい、帰れない』という3Kと言うように呼ばれている職業の一つです。

番組を作るディレクターさんの指示には必ず要望を応えなければならないというのが当たりの業界。深夜に関わらず、今すぐ買えないものを頼まれたり、矛盾を過ぎた業界としても有名です。

それ以外にもタレントへの気配り、番組の進行、編集など。様々な試練が毎日待っているのですが、辛くても『番組が好きだから頑張れる』という人もいるみたいです。

1年間に10人採用したら、1人ぐらいしか残らないと言われている業界の一つです。

それだけシビアに辛いことは間違いないでしょう。

飲食系チェーン店長業務

学生時代に、飲食店でアルバイト経験をされた方は多いでしょう。ホール、洗物、調理など。しかし、店長業務になると、アルバイトのシフト管理、会社への売上報告、接客サービスへの向上提案など。

夜の居酒屋だったら17時オープンですが、店長は昼の12時ぐらいから朝まで勤務しているような実体だそうですね。

拘束時間が長いだけではなく、精神的にも苦痛を感じるようなこともしばしばだそうです。

本当に料理以外にも接客という心がけが好きな人や昇進してエリアマネージャーなどを目指さなければ続かない業界の一つだそうです。

介護・看護に関する仕事関係

介護士という職種は、高齢者の世話をすることが中心です。朝から晩まで働きづくしであり、夜勤勤務もシフトの交代制である会社も多くあるようで、忍耐的にも耐えれず、退職者も多いのだとか。

そこまでしているのに、給料も異業種と比較しても安いとされています。

もう少し平均給料をアップさせてあげたら、働きたい人も増えるような気はするのですが、業界水準としては越えれないものがあるのでしょう。

こちらと同様で、看護師も激務の仕事ですね。週休二日というのはシステムではなく、基本はシフト勤務になっていることが多いですし、夜勤業務は当然入ってきます。

ドライバー関係の職業

トラックドライバーという職業も長い距離を運転したりすることで、かなり激務とされている職業です。また、眠たさのあまりに事故なども多く、辛い思いをしている家族も絶えない業界です。

タクシー運転手さんも、毎日ノルマがあったり、ずーっと孤独に座りっぱなしで精神がおかしくなる方もいらっしゃるようです。

お客さんを乗せない時は、ただただ停車しているように感じますが、そうではなくかなり辛い仕事とされております。

旅行に関するサービス業


旅行業界ってはたから見れば、華やかな世界に見えることがあります。しかし、現実的には相当な激務という人が多いです。

営業、ツアー添乗員、全て一貫して任せられる人もいるだとか。結構な頻度で離職率も高くとされております。

それだけ毎日残業しているのにも年収は比較的にお安めという。

不動産関係の仕事

不動産関係の営業職も非常にシビアで激務な業界とされていますね。お金を動かす金額大きすぎるので、簡単にはノルマも突破できない難しい仕事です。

営業社員たちは、プレッシャーを抱え込むのが大きすぎるため、数か月の内に辞めるという事も多いだそうです。

公務員の学校職員など

公務員って楽な仕事であるとされていますが、職業によっては大変なものがあります。

お役所関係であれば、そこまで大変には見えませんが、学校の職員となると現代社会では大変です。

とくに小学校の先生とか精神病になったりする人が増加しているとかいう説もあります。携帯電話に直接メールや電話を掛けてくる母もいるみたいなので、休む時間もないまましんどい思いをされる方がいるのです。

激務ワークのまとめ

他にも色んな業界で大変な仕事があることは重々承知しております。

ただ、その中でも世間のイメージやデータに基づかれているハードな業界というものを書かせていただきました。

上記になりたい仕事はございましたか?もしくは安定した職業を選択しますか?

転職サイトランキングおすすめベスト5

当サイト管理者たちが口を揃えて評判の良い転職サイトをご紹介!

そろそろ転職時期かな・・・と考えているあなた、下記の転職サポートをご利用することをおすすめします!

リクナビNEXT
全国求人ならこちらがオススメ
詳細はコチラ
はたらいく
女性にも大人気の充実サイト!
詳細はコチラ
@type(タイプ)
優良企業が揃っています
詳細はコチラ
4位 マイナビエージェント
詳細はコチラ
5位 DODA(デューダ)
詳細はコチラ
他の転職サイトから探す
転職求人サイト
利用者の多い転職サイト一覧
詳細ページへ
転職エージェント
転職支援がオススメなエージェント
詳細ページへ
派遣会社
評価の高い派遣会社一覧になります。
詳細ページへ
営業・企画・事務
一般的なオフィスワーク職の人気サイト
詳細ページへ
電気・電子・機械
エンジニア・専門職系の利用者が多いサイト
詳細ページへ
経営・管理職
年収が高くハイレベルな求人サイト
詳細ページへ
IT・WEB
デザイナー・プログラマーの利用者多いサイト
詳細ページへ
女性の転職
女性に特化した専門サイト
詳細ページへ
アパレル・ファッション
アパレル関係を希望する方向け
詳細ページへ

このページの先頭へ