書類選考で落ちる人の共通点をピックアップ!何がダメ!?

書類選考20代おすすめ

転職活動の中で最初につまずく通過点は書類選考です。書類選考を通過できなければ、面接へ行きたくても行けないというのが一般的なスタイルとなっております。

リクナビNEXTのような転職サイトであれば、応募フォームからレジュメを応募することが、1次選考になるというケースが現代社会ではベースになっております。

「何で一生懸命に書いているのに面接にいけないの?」と思われがちかもしれませんが、これにはあなた自身の理由があると思います。いくつかピックアップしてみましょう。

最初に書類選考とは?

書類選考とは、あなたの今までの職務経歴を見るための資材になります。書類選考が一般化されるようになったのは、「面接に来てもどれだけスキルがあるのかわからない」ということになります。

面接官からすれば、一定基準を満たしていない人に面接に来てもらっても不採用にするので意味がないという判断になります。

だからこそ、あらかじめ書類を通じてあなたのスキルを判断するということになります。

落とされる人の共通点とは?

では、なぜ一定基準を超えているのに落とされる人も存在するのか?という疑問が生まれてくると思います。

伝えきれていない

例えば、転職サイトだと志望動機を入力する欄があると思います。以外にもここで志望動機を明確に伝えていないことが多くあるようです。

白紙で応募するというような場合は落とされても仕方がないことですが、文章を書くのが短かったり、意思を伝えきれていない人がいることでしょう。このような場合は、やはり何らかの問題がありますので、ずーっとそのままにしておいては、落とされ続ける日々が続きます。

そうならないように転職エージェントを利用して、履歴書の書き方から書類選考の通過しやすいポイントをゼロからサポートしていただくようにしましょう。

内容が抽象的すぎる

「あなたはどんな仕事をしてきた人ですか?」と尋ねられた場合どのように答えることができますか?おそらく、この記事を読まれている人は、少なからず自分の文章に自信がないといったところでしょう。

曖昧なまま文章に書くのではなく、自問自答を繰り返すことが大切です。何度も自分が何をやってきたのか?もしくはどんなことをしていきたいのか?ということを細分化していきます。

細分化した内容から具体的な内容を志望動機や自己PRにまとめて書いていくと、格段に書くないようというのがアップします。

自問自答ができないと、いつまで経っても抽象的な自己アピールになったりして、相手に伝わりにくい内容になっていきます。そうならないように今日から自分に質問しながら動機などを考えましょう。

文章が読みづらい

いくらハイレベルなスキルや文章を書くチカラがあっても、文章が読みづらいと読む気になれないということがあります。

せっかく本気で書いているなら、改行や段落でしっかり間を取って相手に読みやすくしてあげましょう。

少しの改善だけであなたの文章が2倍以上の価値を生み出し、面接までの道が近くなってくることでしょう。

読み手のことを考えた文面で

職務経歴書や転職サイトのレジュメでも同様のことを言えますが、あなたが書いた後は面接官や人事担当者が読むということになります。

自分の中では丁寧に書いているつもりですが、根本的な部分が抜けていたり、明確にしなければいけない箇所が飛ばされていたりする可能性だってあります。

相手がその文章を読んで「是非、面接に来てください」っと思わせなければ、書類選考の通過が出来ないという事があります。

企業によっては、転職サイトから応募した後に「とりあえず履歴書と職務経歴書を送ってください」というケースもあります。この場合だと送付状を添えてお送りする必要性もあります。

送り方なども無料で身に付けていきたいなら、まずはマイナビエージェントなどで厳しく教えてもらうことをおすすめします。

転職サイトランキングおすすめベスト5

当サイト管理者たちが口を揃えて評判の良い転職サイトをご紹介!

そろそろ転職時期かな・・・と考えているあなた、下記の転職サポートをご利用することをおすすめします!

リクナビNEXT
全国求人ならこちらがオススメ
詳細はコチラ
はたらいく
女性にも大人気の充実サイト!
詳細はコチラ
@type(タイプ)
優良企業が揃っています
詳細はコチラ
4位 マイナビエージェント
詳細はコチラ
5位 DODA(デューダ)
詳細はコチラ
他の転職サイトから探す
転職求人サイト
利用者の多い転職サイト一覧
詳細ページへ
転職エージェント
転職支援がオススメなエージェント
詳細ページへ
派遣会社
評価の高い派遣会社一覧になります。
詳細ページへ
営業・企画・事務
一般的なオフィスワーク職の人気サイト
詳細ページへ
電気・電子・機械
エンジニア・専門職系の利用者が多いサイト
詳細ページへ
経営・管理職
年収が高くハイレベルな求人サイト
詳細ページへ
IT・WEB
デザイナー・プログラマーの利用者多いサイト
詳細ページへ
女性の転職
女性に特化した専門サイト
詳細ページへ
アパレル・ファッション
アパレル関係を希望する方向け
詳細ページへ

このページの先頭へ