大阪と東京どっちで転職?働くメリット・デメリットの悩み解説

東京で働くデメリット

皆さんは大阪や東京でお仕事をされた経験はありますか?

私は大阪出身であり、29歳までは大阪で転職を繰り返し働いていました。

 

30歳を機に、新たな勤務先で自分のやりたいことを実現したく、東京を目指して転職することにしました。

 

よくある質問で、

『大阪と東京どっちで働くべき?』

『上京するメリットってある?』

などのような質問が、プライベートを含めたくさんの方々からいただくことになりますので、今回は大阪と東京で働いた私の経験を元にメリットやデメリットについてご紹介いたしましょう。

 

人気ページ:女性が選ぶ転職サイトランキング★

人気ページ:強い転職エージェントベスト5★

大阪で勤務するメリット

大阪週3転職

まずは私が大阪で勤務していた時代のメリットについてご説明します。

仕事の数はそれなりに多い

大阪というのは、東京に続いてベスト2~3位を誇る主要都市の一つです。

都会であるだけに仕事の数も豊富です。極端に職種を選ばなければ、十分大阪だけでも仕事が出来るということがあります。

 

給料設定も悪くない

職種によりけりですが、大阪も給料そのものは決して低いということはありません。

他の地方などと比較すると、全体的に給料設定は高い方だと思います。

 

物価が安くて住みやすい

大阪の魅力と言えば、やはりトータル的に暮らしやすいこと。

給料に対して賃料もそこまで高くないし、ある程度満足する家に住むことができるはず。

食べ物は美味しいですし、人も温かいというのは大阪ならでのメリットです。

 

大阪で勤務するデメリット

では大阪で勤務するデメリットは何があるのか?について。

私の中で大きく2点ほどあります。

職種を選べないこと

先ほど職種を選ばなければ、大阪でも十分仕事が出来ると申しました。

ただ、どうしても自分のやりたい職業を探した時に、大阪では職に就けないということも。

職業そのものが大阪にはないので、その職業に就きたければ上京して仕事を探す必要があるのです。

 

経験者しか採用されない

一般職であれば、職種を選ばず未経験でも勤務することは出来ます。

しかし、専門職のような職業であれば、比較的経験者採用が多い傾向が見受けられます

そういった意味では、仕事に経験がないと採用されづらいデメリットが生じるということです。

 

 

人気ページ:女性が選ぶ転職サイトランキング★

人気ページ:強い転職エージェントベスト5★

 

東京で勤務するメリット

恵比寿に転職

では次に東京で働くメリットについてお話ししましょう。

東京でもイイ点悪い点はあります。

職種・仕事がとにかく多い

東京は日本で最も人口の多い場所。

その分、仕事や職種も日本で一番多い場所と言えます。

大阪では見たことがない職業まで東京ではあるのが凄いところ。

転職サイトで大阪と東京の比較をしてみてください。

 

目指したい自分になれる

職業が多いということは、自分がやりたい仕事に就きやすいチャンスが増えます。

自分のやりたい仕事が東京にしかないから、みんな故郷を離れて上京してくるのです。

やはり東京でしか味わえない仕事に就けるのは、魅力的なメリットではないでしょうか。

 

未経験でも就職しやすい

東京は専門職のような仕事でも、比較的未経験採用の募集が多いのです。

リクナビ、@typeを見てもわかるように、大阪とは未経験採用の数が比べものになりません。

未経験で異業種にチャレンジできることは大きなメリットです。

また、仮に職を失っても、東京だと仕事は山のようにあります。

年齢を重ねても大阪よりも採用されいやすい確率が高いという印象があります。

東京で働く人はほとんど地方者出身が多いです。

だからこそ、転職に対する受け入れというものは大きいかもしれません。

 

東京で勤務するデメリット

東京のデメリットを見ると上京するか迷う人も。

競争率が異常に高い

東京は人口が多いだけに、転職する際の競争率は非常に高いです。

東京で面接を経験されている方ならご理解いただけると思いますが、職種によっては書類選考だけでも100名以上とかザラにあります。

その内の数人しか採用されない厳しい現状もあります。

とはいえ、会社の数が多いので転職のしやすい度は高いとも言えます。

 

友達や家族が傍にいない

大阪に限らず、上京者はみんな最初は一人です。

東京に仲の良い友人などがいる場合であれば良いこともあるでしょう。

最初の内は一人ぼっちですから、いろんな面でストレスを抱えることも。

満員電車、住まいの環境、言葉の違いなど。

生活スタイルに慣れるまでに少々時間は掛かるけど、大阪の人が東京で暮らしやすいという人もいますし、住みにくいという人います。

こればっかりは一概なことは言えません。

 

大阪・東京どっちで働けばいい?

結論的に大阪と東京のどっちで働くことが良いのかと言われると、あなたがどこまで仕事に対する想いがあるかでしょう。

 

『絶対に○○になりたい夢がある!そのためには東京に行かなければならない』

ということであれば、おそらく上京されて自分のやりたい仕事に就いた方が幸せです。

 

逆に、仕事は何でもイイという考えであれば、安易に上京する必要性はないかと思います。

ただただ東京に住みたいというだけでは、現実的に厳しいものが待ち受ける可能性は高いです。

 

仕事で転居先を選べばいい

大阪であれ、東京であれ、働くという点ではどちらも同様です。

給料も差ほど大したほど変わりはありません。

仕事を選ばずに暮らすうえでは、大阪の方が良いこともあるでしょう。

東京は家賃も高いし、何をするにも人が多い。でも、それだけの仕事があるということ。

どちらで働くかは、最終的にご自身の判断になりますので、不明な点は転職エージェントなどを通じて相談してみるのも良い点です。

 

 

転職サイトランキングおすすめベスト5

当サイト管理者たちが口を揃えて評判の良い転職サイトをご紹介!

そろそろ転職時期かな・・・と考えているあなた、下記の転職サポートをご利用することをおすすめします!

リクナビNEXT
全国求人ならこちらがオススメ
詳細はコチラ
はたらいく
女性にも大人気の充実サイト!
詳細はコチラ
@type(タイプ)
優良企業が揃っています
詳細はコチラ
4位 マイナビエージェント
詳細はコチラ
5位 DODA(デューダ)
詳細はコチラ
他の転職サイトから探す
転職求人サイト
利用者の多い転職サイト一覧
詳細ページへ
転職エージェント
転職支援がオススメなエージェント
詳細ページへ
派遣会社
評価の高い派遣会社一覧になります。
詳細ページへ
営業・企画・事務
一般的なオフィスワーク職の人気サイト
詳細ページへ
電気・電子・機械
エンジニア・専門職系の利用者が多いサイト
詳細ページへ
経営・管理職
年収が高くハイレベルな求人サイト
詳細ページへ
IT・WEB
デザイナー・プログラマーの利用者多いサイト
詳細ページへ
女性の転職
女性に特化した専門サイト
詳細ページへ
アパレル・ファッション
アパレル関係を希望する方向け
詳細ページへ

このページの先頭へ